土佐丸日記


延長10回!なるか必殺嵐打球

東先輩の打った球が明訓の1塁手土井垣さんの膝を直撃し、土井垣さんは転倒した。東先輩は1塁線上に倒れている土井垣さんを蹴飛ばしてさらにダメージを与えた。その間井神先輩が3塁を回ってホームへ向かう。ホームを守る明訓の捕手山田くんをスパイクで狙っている。しかし山田くんの鉄壁のブロックは井神先輩のスパイクをはずし、アウトにした。
ベンチで見ているキャプテンが言う。
「ひとりが犬死したらもうひとりが嵐作戦を引き継ぐんだ。」
3番佐々尾先輩が1塁へのゴロを打つ。しかし、さっきの打球で膝に怪我をしている土井垣さんは途中で転倒してボールが捕れない。その間に東先輩が3塁を回ってホームに向かう。なんだか怒涛のように走り回っていて、見ているこっちの目がまわりそう。土井垣さんが捕れなかったボールを殿馬くんがうまく捕球して山田くんへ。東先輩はスパイクで狙うこともできずに本塁上でアウトになってしまった。
嵐作戦というのは、嵐のごとく犬のごとく?走り回る作戦だったみたいなのだけど、明訓の山田くんはそれを見抜いていたようだ。息を付く暇を与えないほどの攻撃をしているにもかかわらず、成果があがっていないんだもの。
次のバッターは犬飼キャプテンだ。さっきみたいに見事なホームランをお願いしまーす!
キャプテンはこの打席で里中に止めを刺すと言っている。
しかし、明訓の里中投手も最後の力を振り絞ってうちのキャプテンに相対した。気力の勝負。ファウル2本のあと、勝負球を空振りしてしまったキャプテン。あーあ。

キャプテンは気落ちすることなく、9回裏の明訓の攻撃を三者三振で押さえた。ここで攻撃を長引かせては明訓を変に調子づかせてしまう。そして里中くんに休む間を与えてしまう。キャプテンの球はますます力強く鬼島先輩のミットに食い込む。

とうとう延長戦になった。
10回表は鬼島先輩からの打順。マウンドにあがった里中くんは苦しそうだ。プレイがかかってもなかなか投げようとしない。その里中くんを応援する声が相変わらず球場全体を轟かせている。
でももうあたしだっておびえたりはしない。世界中が敵にまわったっていいもん。
なかなかストライクが決まらず、カウントがノースリーになった。殿馬くんが「遊び球はいらねえずら」と声をかけているが、里中・山田バッテリーに遊び球を投げる余裕はないはず。投げても投げてもストライクが決まらないのだ。
声援がピタリと止んだ。今までと対照的にシーンと静まりかえる。スタンドの観衆も明訓ベンチも土佐丸のベンチもかたずを呑んで里中くんの次の球を注目する。次の球がこの試合の明暗を分ける球であることをみんなが知っているのだ。
里中くんがやっと投げた。
ボール。
フォアボールだ。先頭の打者からストレートのフォアボールを出した里中くん。もう限界だと悟ったのだろう。自分からマウンドを降りてベンチに引っ込んだ。
スタンドから惜しみない拍手が送られる。
あたしとしては複雑な心境だ。拍手を送りたい気持ちはやまやまだけど、どうせならもっと早くにひっこんでもよかったのではないか?と思う。
まぁ、うちにとってはランナーを残していってくれたのだから幸いだったのだけど。

明訓に控えのピッチャーはいないはずだった。
明訓の監督さんは、あの岩鬼くんをピッチャーに指名した。
え〜!?あいつ、ピッチャーができるの?あんなハチャメチャな奴に?
うちのベンチでも「あいつにピッチャーができるんかのう?」と武蔵が首をひねっている。
里中くんとだってあまりにも対照的だ。
しかし、投球練習が始まるとみんなの見る目がかわった。
速いのだ、球が。アンダースローの華麗なフォームの里中くんと違い、大きな体格を利用したオーバースローの力のピッチングをする。
キャプテンが「速い」とつぶやいたのが印象的だった。
投球練習が終わり、試合が再開された。
打者は6番の丹座先輩。打ち気満々の丹座先輩だったが、なんたることぞ!第1球からデッドボール。それも横腹を直撃するデッドボールだった。
キャプテンも武蔵も歯噛みをして悔しがっている。でもね。うちに文句言う権利はないような気がするんですけど・・・。
しかし7番諸岡先輩、8番武蔵までもがお腹にデッドボールをくらうと、ちょっとどうにかしてよ、と文句を言いたくなってくる。でもまぁ、押し出しで1点取れたからいいのだけど。それにしても変な奴。里中くんの仇を討ったつもりかもしれないけど、それで点を取られちゃどうしようもないだろうに。
さすがのキャプテンも理解に苦しむらしく
「こんな馬鹿な男は初めてだ。俺達の殺人野球の上を行く男なのか。」
と言っている。
なんだか悩む次元が違うような気がするのだけど、まぁいいか。
だが、そのキャプテンの言葉を聞いて、次のバッターの大河先輩がびびってしまった。もともとチームの中では気の優しい大河先輩だ。岩鬼くんの迫力に「殺されるかも・・・」とびくびくしている。
あのーあたしがこんなこといえた義理ではないのですが、殺人野球を掲げていたのは土佐丸のほうなんですから、ここでビビるのはみっともないと思うのですが・・・。
しかし、それはあたしがバッターボックスに入ることがないからそう思うのであって、当事者にしてみたらとてつもない恐怖なのだろう。
明訓のベンチからもさすがに伝令がでて岩鬼くんに何か言っている。当然よね。客観的にみて、連続デッドボールで押し出しの1点を与え、なおも満塁のピンチなんだもの。しかも延長戦に入っているんだし。
プレイがかかった。
岩鬼くんは相変わらず迫力の投球で大河先輩を脅す。
大河先輩、すっかり腕が縮こまり、ボールをよけてしまった。しかし運が悪いことに、よけたボールがバットにカツンとあたり、キャッチャーの目の前に落ちてしまったのだ。
山田くんが捕ってすかさずホームを踏み、3塁に投げた。ランナーがデッドボールで思うように走れずにサード、セカンドとアウト。トリプルプレイでチェンジになってしまった。
鮮やかといえば鮮やかだけど、やられた方の立場からいえばうそでしょぉ〜!と叫びたくなる。
でもまぁ1点入ったから良しとしなければ。

さぁ10回裏だ。この回を無得点に押さえればうちが勝つ。
キャプテンの投球もますます唸りをあげてミットに食い込む。その気迫は延長戦に入っても衰えることはない。
明訓の打順は3番の山岡くんから。キャプテンの剛速球にまったく手が出ない。
しかし4番の土井垣さん。さすがに向こうのキャプテンだ。ユニフォームをかすったデッドボールで出塁した。アピールがうまいのね。(負け惜しみ60%?)
1塁にランナーを置いて、5番の山田くん。攻守ともにうまいプレイでこれまでさんざん悩まされた。
この山田くんを抑えれば・・・。
1球目は空振り。キャプテンの渾身の速球だ。
2球目。球としてはいままでのものとかわらず凄い投球だった。しかし、山田くんのバットはジャストミート。球はぐんぐんライトへ伸びスタンドに入ってしまった。
サヨナラホームラン!逆転ホームラン!
打球を追った目がだんだん曇っていくのがわかった。
負けたんだ。土佐丸が、犬飼キャプテンが負けたのだ。悔しい、とっても。
武蔵が天を仰いで吠えているのが見えた。しかし、キャプテンは少しの間うつむいていただけで、顔をあげ、しっかりとした足取りで挨拶のために戻ってきた。キャプテン悔しいでしょうに。
目の前で聞く、相手校の校歌は辛かった。
あたしが経験した初めての負け試合ということもあるけれど、この試合だけは勝ちたかったと思う。ベンチに入っていただけのあたしがこれだけ悔しいのだから、プレイをしていた選手たちの悔しさは並大抵ではないだろう。
武蔵は素直に悔しさを現して男泣きに泣いている。
キャプテンがそんな武蔵を「涙を見せるな。勝ってから泣け」と叱った。
でも、あたしは女の子だから、おおっぴらに泣くもん。だって悔しいんだもん。ひっくひっく。
先輩たちの帰り仕度を手伝って、梶田先輩の荷物もまとめ、球場を出ようとしたとき、キャプテンが小さな袋を手にとってグラウンドのすみに行った。
そうか。試合に負けた学校が甲子園の土を袋に詰めて持って帰るという習慣はTVで見たこともあるし、実際に目の前でも見た。うちもそれをやるのね。と、キャプテンを視線で追ってみた。
キャプテンは袋の口をしばっていた紐を解き、中の土をグラウンドにばらまいた。
え?土を持って帰るんじゃないの?
キャプテンはそのあと、明訓の山田くんとガッシリ握手をすると退場していった。
あたしもそのあとにしたがった。
さようなら、甲子園。
あたしの初めての甲子園大会はこうして終わった。


なるとメモ

今回についてはただ一言。
小次郎よ。「里中とどめだ!」とか「必殺!嵐打球!」とか叫んでいる暇があったら打撃に集中してくれ〜。それで空振りしてたら恥ずかしいよぉ〜


次回予告
いぬこ: 負けた!負けちゃった!土佐丸が負けたよぉ〜(号泣)
武蔵: うぉ〜〜〜(天を仰いで吠える)
小次郎: 泣くな!武蔵。顔を上げろ。胸を張れ。
武蔵: けど、にいやん。・・・ひっく。
小次郎: あの速球を打たれては負け惜しみもいえねぇぜ。
いぬこ: (しゃくりあげながら)キャプテン。何しているんですか?
小次郎: これは高知の土だ。俺達が予選を勝ち抜いてきた文字通り血と汗の混じった高知の土だ。いわば俺の青春さ。
俺の青春はこうして甲子園の土となり、これからも多くの試合を見届けていくんだ。
いぬこ: ・・・キャプテン。言ってて歯が浮きませんか?

次回の「土佐丸日記」は「高知の土は知っている

甲子園の土を持って帰る人はいるけど、自分のところの土を撒く人って初めてじゃない?

戻る